映画『聲の形』はなぜ青春ラブストーリーとして画期的なのか?京都アニメーションの新たな挑戦
16.09.18

どんなに期待をかけてもかけても、その期待を軽く上回ってしまうのだから京都アニメーションはおそろしい。とくに劇場版になると、その挑戦的な手法が目につくから尚更だ

しかも10月から『響け!ユーフォニアム』の2期が始まるということは、ほとんど同時進行で本作の制作が進められていたということだろう。
すっかり日本中が『君の名は。』一色に染まっているが、個人的には今年のアニメーション映画のナンバーワンは、この映画『聲の形』で揺るがない。

小学校時代に転校してきた先天性聴覚障害を持つ硝子。彼女をいじめる悪ガキの将也。しかし、行き過ぎたイジメのせいで硝子は再び転校してしまい、イジメの対象が将也に移る。
それをきっかけに人と距離を置くようになった将也が、高校生になり、贖罪の意識で硝子に会いに行くところからこの物語は始まる。高校生の男女の淡い恋心と、彼らの青春模様を描く点で
『君の名は。』と共通しているが、互いの名前がわからなくなることよりも、何年も相手の名前を忘れることができず、何処にいるかもわかっているのに、会うことを憚られることのほうがよっぽど切ない。

20160628-koenokatachi-main-thumb-950x616-30510 20160902-koenokatachi-sub3

タイトルにあえて“映画”と付けられているのは、「このマンガがすごい!」をはじめ様々な賞を受賞した大今良時の原作を忠実に映画化していることの何よりの現れであろう。
京都アニメーションの劇場作品9作目にして初めて、基となるアニメ作品が無い本作は、テンポ良く流れるわずか2時間強の作品の中に、
原作コミック7巻分のほとんどが凝縮されている。いわば原作コミックの総集劇場版というようなテイストだ。

この映画化にあたっての最大の冒険は、エピソードの取捨選択や幕切れのタイミングではなく、“ふたりの手を繋がせずに、いかにして青春ラブストーリーとして成立させることができるのか”ではないだろうか。

原作では、将也と硝子が手を繋ぎそうで繋がない描写の数々に、妙に心がざわめいた。小学校時代に手を握ってきた硝子を拒絶してから、
ふたりの掌と掌が重なり合うことはなく、ラストで過去へのわだかまりを捨てて、きちんと向き合おうとする将也の心情の表れとして、
硝子と手を繋ぐ。それは同時に、曖昧なままであった、ふたりの恋の大きな進展を予感させる場面でもあった。

とはいえ、映画版でも直接的な恋模様の描写はない。それどころか、そのラストも大胆に変更されたのだ。そこはさすが山田尚子監督と吉田玲子脚本である。
『けいおん!』シリーズと『たまこまーけっと』を経て、TVシリーズとはまったく違うテイストの『たまこラブストーリー』を作り出した時点で、
青春ラブストーリーという分野でこの二人の右に出る者はいないのだ。

 『たまこラブストーリー』で恋に悩む主人公たちを支えた友人がいたように、高校生の恋愛事情において、友人たちの存在は欠かせないものである。
だからこそ、現在の友人たちとの関係に重点が置かれたことも頷ける。過去の友人たちとの関係については、将也が変化したことでいずれ変化が訪れることを示唆するまでに留められているのだ。「伝えること」「答えること」というシンプルなコミュニケーションの難しさと、「関係が変わること」への恐れを描き出すという点も、本作と共通している部分だろう。しかし、それだけではない。
『たまこラブストーリー』で、ふたりを結びつける重要なツールとして“糸電話”が使われたように、本作では再会のきっかけとなるノートと、お互いが意思を伝えるための“手”がその役割を果たす。 20160902-koenokatachi-sub11 劇中では原作同様、手を繋ぐことを躊躇いながら袖を掴んだりする描写がさりげなく描かれ、着実に将也と硝子の距離が縮まっていくのがわかる。
それでも、明確にふたりが手を繋ぐ描写が描かれなかったのは、あえてひとつも答えを提示しないためだったのではないだろうか。純粋に、ふたりの恋の始まりとしての手を繋ぐ行為を作るためには、観客にそれを予感させなければならない。
きっと、ふたりはこのあと手を繋ぐ。手話で会話をするふたりにとって、手を繋ぐということは想いが通じ合っている何よりの証になるのだ。将也自身に大きな変化が訪れたあのラストを観てしまえば、それを期待せずにはいられないだろう。

■久保田和馬
映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■公開情報
『聲の形』
9月17日(土)より、新宿ビカデリーほか全国ロードショー
出演:入野自由(石田将也役)、早見沙織(西宮硝子役)、悠木碧(西宮結絃役)、小野賢章(永束友宏役)、金子有希(植野直花役)、石川由依(佐原みよこ役)、潘めぐみ(川井みき役)、豊永利行(真柴智役)、松岡茉優(石田将也役)
原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/朝日放送/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹

 

ネットの反応

1.ななしちゃん:16.09.18——

明日の試験から解放されたらそのまま観に行く予定

 

2.ななしちゃん:16.09.18——

原作は良かったけど

モブキャラの顔に✖がついてるのがちょっと

 

3.ななしちゃん:16.09.18——

主題歌はaikoなのか
最近気になってよく聴いてるんだよね

 

4.ななしちゃん:16.09.18——

素晴らしい映画だったよ。題材が重いので、大ヒットとは行かないだろうけど

 

5.ななしちゃん:16.09.18——

久しぶりに見応えのある映画だった

 

6.ななしちゃん:16.09.18——

蟹のラブストーリーは画期的かもしれない

 

7.ななしちゃん:16.09.18——

まあ確かに、『君の名は。』がここまでヒットするなら、『聲の形』だってもうちょいヒットしても良かったようには思う

 

8.ななしちゃん:16.09.18——

俺も見てきたけど面白かったよ
ちょっと重い話だけど
個人的にはちょうど良い感じだと思った

 

 

 

Facebookでシェア LINEで送る
この記事にコメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。


最新記事

【朗報】『けものフレンズ』ニコ生11話一挙放送、「まどマギ」「ラブライブ」を超える270万コメでニコニコ歴代1位になるwww
17.03.26

【アニメジャパン2017】『けものフレンズ』サーバルちゃん、ねんどろいど&figma化決定!!これは欲しい!
17.03.25

物語シリーズ『終物語』「まよいヘル」「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」がアニメ化決定!!2017年夏に放送開始
17.03.25

日本のラノベタイトルはやはり長すぎた・・・翻訳者が怒り出すレベルらしい
17.01.15

【朗報】声優・上坂すみれさん、可愛い着物姿を公開する!!これはいいぞ~
17.01.15

【朗報】声優・新田恵海(えみつん)さん、痩せて以前よりも美人になる!美しい・・・
16.12.05

アニメ『この素晴らしい世界に祝福を2』のメインビジュアルが公開される!!アクア様の顔www
16.12.05

声優・佐倉綾音さん、マルジェラの10万以上するブーツを着けていた模様www
16.12.05

【悲報】声優・田村ゆかりさん、結婚を諦めていた模様・・・お前ら貰ってやれよ!
16.12.05

ラノベ作家さん「小説の初速の売り上げは露骨にイラストレーターの力、本の内容は読んでもらってからの話」
16.12.05

『ラブライブ!サンシャイン!!』Aqoursの冬服姿が素晴らしすぎる!!かわいいいいいいいい
16.12.05

【悲報】またも『まどマギ』の偽サイン色紙がヤフオクに出品される・・・
16.12.05

劇場版総集編『オーバーロード』新規シーンが追加されて”彼”も登場する模様!!前後編で来年2月・3月に上映
16.12.04

声優・三森すずこさん、中川翔子さんとツーショット写真を撮る!!かわいいいいいいい
16.12.04

【朗報】アニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』が2017年4月より放送決定!!きたあああああああ
16.12.04